2013.04.01

翼のある小冊子 Kalas

4月1日発売の翼のある小冊子Kalas(カラス)19号に「ハロー!やながせ」が紹介されています。

Kalasは三重県津市のカラスブックスさんが発行されているリトルプレスです。ひとりの取材者の目線が文章と非常に綺麗な写真で表現されています。
これは、なんと、すべて西屋さんという方がひとりで編集されているのです!すごい・・・

今回は、「ハロー!やながせ」の実行委員として私たちも取材を受けました。

西屋さんは非常に穏やかな方で「岐阜は数年でずいぶんと動いている気がします。岐阜の方は岐阜を本当に愛してますよね。楽しいまちだなあ、三重も頑張るぞー!」とおっしゃってみえました。しかし、話をしているととても熱いものを感じます。まちのことに話は尽きず・・・いやはや、今、地方はおもしろい。津にも早く行かなくては!

さて、「ハロー!やながせ」は、柳ヶ瀬を10年後、20年後も魅力的であるようにと有志で活動しているチームですが、いろんな職能を持った人(プレイヤー)が集まり、自分の役割を発揮して、週中のイベントに向けて目下奮闘中です。

ミユキデザインはハコをつくるだけが仕事じゃない、いろんな人といっしょに場所や状況をつくっていくことが大切、と改めて感じました。
全体のビジョンを持って、デザイン、コスト、近隣調整、法手続きなどの交通整理が出来るのもわたしたちの職能ですし。

会場コーディネートも大詰めです。13日、14日はぜひ柳ヶ瀬にお越し下さい。

Kalasさんは岐阜市では古本「徒然舎」さんで扱っています。